借金返済ブログ2【個人事業はお金を借りづらい】

前回の続きです。
数年ぶりに手を出した借金ですが、そもそも個人事業主は審査に通りづらいと言われています。
法人ではなく個人、さらに固定電話がないという状況は、カードローンやキャッシングの審査にマイナスのようです。
あくまでもネットで調べた情報ですが、確かに私が貸す側なら、身元がはっきりしている会社員よりも貸しづらいですね。
そう、私は長年、個人事業主として生活しています。
専用の事務所を借りているわけではなく、自宅で仕事をしている個人事業主です。
固定電話もありません。
そうなると、申し込める金融業者も限られるようで、色々な情報を調べました。
その結果、消費者金融A社は、個人事業主で固定電話がなくても、審査に通る可能性があるとのこと。
早速調べて申し込みました。
希望金額は10万円です。
まず10万円があれば、当座の生活をしのげます。
提出書類として、個人事業の実態が分かるものを求められました。
そのため、銀行の取引明細や、請求書などを探し、キャプチャして添付しました。
審査結果が分かるまで二時間ほどかかり、メールが届いて、無事合格したことを知りました。
任意整理から5年以上経っていますので、すでにブラックリストから消えていたのでしょうね。
さらに個人事業主として期間が長く、他に借入れを行っていないことも良かったのでしょう。
10万円の希望額に対して、50万円の枠が貰えました。
とてもありがたかったですね。
しかし計画的に利用しなければなりません。
もし無謀な借入れを繰り返せば、前回と同じように借金苦に陥ることもありますからね。
前回の借金と違うのは、他の金融業者に申し込んでも、審査が通る可能性が低い、という部分です。
今は総量規制がありますから、年収の3分の1までしか借りれませんし、1社50万以上、2社以上で100万を超える借入れには、収入証明が必要になります。
昨年の年収を考えると、50万円を超える借入れは難しいですね。
これからコツコツ返済していきますが、さらに経済状況が悪化して、借入れ額が増えて、
「もうどうしても借金を返せない」
という時は、借金減額診断(減額シミュレーター)を利用してみます。
前回の任意整理の時は司法書士に無料相談し、その後に正式依頼しましたが、今は借金減額シミュレーターがありますからね。
ランダムに弁護士や司法書士を紹介されるようなものではなく、弁護士事務所が提供している減額診断にします。
もちろん、そうならないように、収入状況を改善しながら、上手く消費者金融を活用しようと思います。
債務整理や自己破産は最後の手段ですね。
個人事業主として努力しながら、しっかり運気を高めていきたいですね。
消費者金融のカードローンには助けられましたので、事業の売上によっては、早期の繰上げ返済も考えています。
リボの借金なので、繰上げ返済、一括返済を考えなければ、返済まで時間が掛かりますからね。
会社員と違って、その可能性があるのは個人事業の魅力なので、状況を好転していければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です