借金減額はリボ払いも対象になるの?

リボの借金を減額したい、と思う方が増えていますね。
特に近年は過払い金の該当者が減っているので、その傾向が強くなっているようです。
某弁護士事務所がそのような見解を出していました。

私自身、債務整理を体験していますが、法律の範囲内の利息だったため、過払い金はありませんでした。
それでも金利が全てカットされたので、実質的な借金減額になったんですよね。
私の借金の内訳としては、
1.カードローン
2.クレジットカード
の2種類でした。

カードローンは銀行系、クレジットカードはキャッシングとクレジット(ショッピング)の両方を使っていましたね。
どちらもリボ払いで利用していました。
リボの返済は定額な分、なかなか元本が減りません。
途中で繰上げ返済できると良いですし、余裕がある月は返済額を増やせれば良いのですが、ギリギリの生活だと、なかなかそうもいかないですよね。

最初の内は返済額も少なくて良いですが、20万、30万、50万、100万と額が増えれば、その分、返済額も増えます。
たとえ元本定額でも、利息分が増えますからね。
消費者金融のキャッシングなら、年間18%が基本ですし、その場合、100万の借入で18万円かかるということです。
18万を12ヵ月で割ると1万5千円近くになりますから、元本分の負担と合わせれば、2万~3万は毎月の返済で必要でしょう。
最低返済額として、利息を払えば良い、というリボの契約もありますが、その場合は元本が全く減りませんからね。
さらに金利が増えていけば…リボ払いの負担に押しつぶされるかもしれません。

それでも収入が安定していれば良いですが、給料が下がったりと収入が減れば、一気に返済がきつくなります。
「いつまで借金を返すのだろう…」と思っても、なかなか減らないのがリボですからね。
その段階ではじめて、リボ払いの恐ろしさに気付くのかもしれません。

対策としては、まず、返せる月は返済額を増やすこと、それが厳しければ、収入アップを考えることです。
でも、会社員として働いていたり、フリーターとしてギリギリの生活をしていれば、収入アップは難しいかもしれません。
主婦の方は、旦那さんの収入次第かもしれませんし、とにかくリボは苦しいんですよね。

その場合は、借金減額の診断を受けてみて下さい。
今はネットで申し込めますし、スマホから簡単に利用できます。
そして実際に借金を減らせると分かれば、任意整理などの借金整理を考えると良いですよ。
任意整理が厳しければ個人再生だったり、ケースバイケースで自己破産という選択肢もあります。

私も任意整理で借金200万を整理しましたが、その後はみるみる借金が減っていきましたね。
カードローン、クレジットカード、どちらも整理できました。
キャッシングもクレジット(ショッピング)も全てです。
効果としては、利息がなくなり、残った元本を原則3年の分割払いで支払えます。

私は返済期間を長くして、その分、毎月の支払額を減らしてもらいましたが、その辺りは依頼する弁護士・司法書士の判断によります。
また、交渉相手である信販会社や銀行、消費者金融にもよる部分ですね。
我々のような法律の素人では難しい部分でしょう。
そのような判断をしてもらえるだけでも、借金減額診断、減額シミュレーターに申し込む価値はありますよ。
ぜひ積極的に無料診断を考えて下さいね。
そしてリボの借金減額に向けて動き出して下さい。
借金苦でもうダメだと思っても、あきらめないで下さいね。
必ず突破口はあると信じて、前向きに進んで下さい。
借金減額シミュレーター 口コミ

借金返済ブログ3【任意整理を振り返る】

今回は任意整理を振り返ってみます。
私が任意整理したのは今から9年ほど前です。
相当前です。
なのでうろ覚えな所もあるのですが、とにかく当時は借金に苦しんでいました。
今もカードローンを利用していますが、当時は返済に苦しんでいたんですよね。
翌月の返済が出来ない、どんどん返済日が近付いて、とうとう借金滞納が始まりました。
それでも返せる見込みがなく、苦しみ、悩んだ末に弁護士事務所、司法書士事務所を探したのです。
個人的にはどちらでも良かったのですが、費用を考えると司法書士かなと思いました。
今も基本的に司法書士の方が、弁護士よりも任意整理費用が安いようですね。
また、当時は140万円を超える借金でも、司法書士に相談しやすかった時代と記憶しています。
今は140万を超えていれば、最初から弁護士の方が良いですね。
そのような経緯があり、インターネットで見つけた地元の司法書士事務所に無料相談をお願いしました。
実際に事務所まで出向いて、相談にのってもらいましたね。
借金で悩み続けていましたが、実際に相談してみると呆気なかったです。
良い意味でも悪い意味でもビジネスライクだったんですよね。
それなりに実績のある司法書士事務所だったので、お客さん対応に慣れていたのでしょう。
注意点として、弁護士や司法書士を探す時は、その事務所の所長のイメージだけではない、ということを覚えておいて下さい。
つまり、実際の実務は代表の弁護士、司法書士ではなく、担当者である弁護士、司法書士になることがあるのです。
私も元々、税理士事務所で働いていましたが、実務は担当者が担っていましたね。
そのため、無料相談時には、どの方が担当者になるのか、その担当者と話せるなら話した方が良いでしょう。
それはネット上の無料相談、無料診断も同様ですね。
疑問点や不安があれば、細かな部分まで相談すると良いですよ。
その上で、債務整理をお願いするかどうかを決めて下さい。
話しを戻しますと、私はそのような経緯で司法書士に相談し、そして任意整理の依頼を決めました。
今は最初に無料で相談できる所が多いですし、借金減額シミュレーターもあります。
参考サイト:借金減額シミュレーター

結果的に私は、任意整理をして良かったです。
返済は続きますが、利息と遅延損害金がカットされますし、残った元本を分割払い出来ますからね。
借金滞納時は失業状態でしたが、その後に就職して一定の収入を得られるようになったので、返済を続けられました。
完済まで7年かかりましたが、任意整理に救われた思いが強いです。
任意整理すると一定期間、カードローンやキャッシングを使えなくなるので、さらに借金地獄になる、という意見もあります。
でも、借金を返せなくて任意整理するわけですから、その後に更に借金を考えるのは本末転倒ではないでしょうか。
私はそう思いましたし、地道にコツコツ返済して、しっかり完済できました。
現在、すでにブラックリストからは消えているため、新たにカードローンを使っていますが、計画的に利用していければと思います。
元々が借金依存体質なので、気を付けなければなりませんね。
あとは収入を増やして、余裕ある生活を送りたいです。
そのためにも日々行動を続けていきます。

借金返済ブログ2【個人事業はお金を借りづらい】

前回の続きです。
数年ぶりに手を出した借金ですが、そもそも個人事業主は審査に通りづらいと言われています。
法人ではなく個人、さらに固定電話がないという状況は、カードローンやキャッシングの審査にマイナスのようです。
あくまでもネットで調べた情報ですが、確かに私が貸す側なら、身元がはっきりしている会社員よりも貸しづらいですね。
そう、私は長年、個人事業主として生活しています。
専用の事務所を借りているわけではなく、自宅で仕事をしている個人事業主です。
固定電話もありません。
そうなると、申し込める金融業者も限られるようで、色々な情報を調べました。
その結果、消費者金融A社は、個人事業主で固定電話がなくても、審査に通る可能性があるとのこと。
早速調べて申し込みました。
希望金額は10万円です。
まず10万円があれば、当座の生活をしのげます。
提出書類として、個人事業の実態が分かるものを求められました。
そのため、銀行の取引明細や、請求書などを探し、キャプチャして添付しました。
審査結果が分かるまで二時間ほどかかり、メールが届いて、無事合格したことを知りました。
任意整理から5年以上経っていますので、すでにブラックリストから消えていたのでしょうね。
さらに個人事業主として期間が長く、他に借入れを行っていないことも良かったのでしょう。
10万円の希望額に対して、50万円の枠が貰えました。
とてもありがたかったですね。
しかし計画的に利用しなければなりません。
もし無謀な借入れを繰り返せば、前回と同じように借金苦に陥ることもありますからね。
前回の借金と違うのは、他の金融業者に申し込んでも、審査が通る可能性が低い、という部分です。
今は総量規制がありますから、年収の3分の1までしか借りれませんし、1社50万以上、2社以上で100万を超える借入れには、収入証明が必要になります。
昨年の年収を考えると、50万円を超える借入れは難しいですね。
これからコツコツ返済していきますが、さらに経済状況が悪化して、借入れ額が増えて、
「もうどうしても借金を返せない」
という時は、借金減額診断(減額シミュレーター)を利用してみます。
前回の任意整理の時は司法書士に無料相談し、その後に正式依頼しましたが、今は借金減額シミュレーターがありますからね。
ランダムに弁護士や司法書士を紹介されるようなものではなく、弁護士事務所が提供している減額診断にします。
もちろん、そうならないように、収入状況を改善しながら、上手く消費者金融を活用しようと思います。
債務整理や自己破産は最後の手段ですね。
個人事業主として努力しながら、しっかり運気を高めていきたいですね。
消費者金融のカードローンには助けられましたので、事業の売上によっては、早期の繰上げ返済も考えています。
リボの借金なので、繰上げ返済、一括返済を考えなければ、返済まで時間が掛かりますからね。
会社員と違って、その可能性があるのは個人事業の魅力なので、状況を好転していければと思います。

借金返済ブログ始めます

借金返済ブログはじめます。
借金返済について色々書いていきます。
まず軽く自己紹介ですが、元々200万円を超える借金がありました。
カードローン、キャッシング、ショッピングの借入れですね。
クレジットカードと銀行系カードローンで多重債務になり、どんどん借金返済が苦しくなりました。
まだ収入が安定している頃は良かったですが、仕事を失って所得が減ったんですよね。
その結果、一気に借金地獄になりました。
全てリボで利用していたので、金銭感覚もマヒしていましたね。
今から思うと恥ずかしいのですが、そんな借金も任意整理で利息カットしてもらい(司法書士にお願いしました)、その後、返し続けて完済します。
それが今から二年前、2017年のことです。
あぁ借金地獄とはおさらばだな、金輪際、苦しい借金はしないぞと誓いました。
そう、確かに私は誓ったのです。
でも…
2018年9月から収入が減り続けました。
どんどんどんどん減っていきました。
それでも何とか生活を続けていましたが、2019年5月に再び借入れを行いました。
と言っても、昔利用していたクレジットカード、カードローンは使えません。
任意整理したので、その時点で使えなくなりました。
さらに任意整理後、5年間はブラックリストに載ると言います。
実際は信用情報機関に事故情報が登録されるわけですが、私の場合、任意整理から5年以上経っているので、すでに消えているのでしょう。
申し込んだのは某消費者金融です。
今は銀行の子会社になっていたり、サラ金時代のイメージとは違いますね。
しかし利息は年18%だったり、決して低くはありません。
無担保、無保証ですから、その分、金利が高いのでしょうね。
それでも、生活があまりに苦しくなったので、仕方なく審査に申し込みました。
その前に、私には大きな問題がありましたから、その問題をクリアできる借入れ先を選びました。
次回はその辺りの話しをしますね。